ニューヨーク5番街の専門店や、サックスフィフスアヴェニューのような高級デパートには50万円程のパーティードレスが豊富にある。あっという間に経済規模を2.5倍に伸ばしたアメリカ経済。勿論万人が潤った訳ではないが、貧富の差も益々広がっている。格差という視点から言えば、アメリカも日本も既に格差社会であり、クリーニングに関しても、日米共全く出さない人と出す人がはっきり分かれ、安売りに動いた中間層は激減している。そんな中、今アメリカで誰をターゲットにして、どんなものがいくらで売られているのかを調べながら、富裕層が集結しているマンハッタンの高級クリーニング店を訪問してみた。

家賃が月300万円は下らないマンハッタンの一等地に、ゆったりとしたピックアップの店がある。一際目を引くのが、受付の紳士の上品な言葉遣い。まるで5つ星ホテルのコンシェルジュのようだ。店の内外は一般的なクリーニング店の様相ではなく、配色や照影まで高級感が演出され、仕上がったものは、まるで売り物の様に美しく置かれている。

 

テーラリング

外から窓越しにテーラリングの技術者がミシン作業をしている。テーラリングは日本流に言えば「お直し」であるが、高級店では日本の幅だし・丈つめの「修理」のレベルではなく、身体に完全にフィットさせるまでの技術の事で、熟練した技術者が行っている。ウエディングドレスを意識した4畳半ほどの四方鏡張りのフィッティングルームと、サイズ合わせの為のスペースがまた4畳半ほどあり、料金も高いが技術的にも雰囲気的にも差別感満載である。ここで注目すべきは「テーラリング」だ。現在の日本の修理レベルは、誰でも出来る簡単なレベルであるが、誰でも出来れば、供給過多から料金競争に陥り、それを求めるのは低所得層という悪循環に陥ってしまう。富裕層は修理してまで同じものを着続けず、新しいものを購入する。ここでフォーカスすべきは、一段上の上位客の需要だ。ポイントは、「修理」を簡単な婦人服のオーダー(注文縫製)を受けられる位のテーラー(仕立て)技術迄スキルアップさせる事だ。高級衣料を持っている上位客は、そういう技術の提供を求めている。

 

高級衣料が集まる仕組み

工場は、マンハッタンから車で30分程の所に、広大な最新設備のものがある。テーラリングのミシン群の裏には、それこそ50万円もする様なパーティードレスやカシミヤ・高級衣料・毛皮類が山とある。レザー毛皮類は、工場内で洗われていて(ロイヤルトーン)、空調付きの保管庫には、有名女優のドレスがずらり。背広上下のプライスを見ると、プレスのみで6千円!大きなシーツと枕カバーなどのセットが集配付きで1万8千円であった。では、どうして高級衣料が集まるのか?先程の受付の紳士の品の良い英語にヒントがある。答えはターゲットを絞ったマーケティングだ。シャネルやエルメスの様な一流の衣料品メーカー、富裕層が出没するクラブや美容関係、ウエディング業界等々と常に親密な関係を保ち、自社の品質や技術を絶えず発信し続けている。その発信手法も専門のマーケティング部が行い、大手から引き抜かれたマーケティングディレクターが担当している。また、従業員も厚遇され、皆キビキビ動いている。ライバルも多く、競争も熾烈だが、大きく稼いでどんどん維持費につぎ込むこの経営戦略、生々しい生存術を感じた。

 

クリーニング村の掲示板か世界のトレンドか?

「木を見て森を見ず」という諺がある。クリーニングの情報は業界紙・展示会・同業者の会合からのみ得るのであれば、まさに、この諺が当てはまるだろう。3年経つと世の中激変する時代、それも家庭洗濯が増え点数が減っているという現実の中での激変だ。アメリカのクリーニング店の店頭で「しみ抜き」の看板をあまり見かけない。しみ抜きなど当たり前の事だからだ。ひどいシミの修復費に多額を支払うより、新しいものを買ってしまう。「固定観念」に縛られ続け、業界内しか見ないと、既に変わってしまったお客の価値観について行けない。「どこでも同じ様に見える店には、怖くて出せない。どこかいい店ないかしら?」という品質志向の利用者の実に多い事か!多少料金が高くても、品質が良くいい気分で利用できる店を作るべき!と、今回アメリカの現状から日本を見て思った事である。

 

年々クリーニング需要が減るのは、世界中どこでも同じ。やがて日本もTシャツ・ジーンズで通勤するのが当たり前になる日も、そう遠くないかも知れない。そんな背広族など殆どいないアメリカの業界を緊急取材してみた。生き残り組は、いつも筆者が主張する通り、付加価値品を独自の技術で洗う業者だ。彼らの技術やマーケティングに取り組む姿勢には驚かされる。自分で出来ないものは下請利用、倍がけして知らん顔の日本の業者は、もうすぐ仲良く沈むような気がする。詳しくは、2019年6月25日号の日本クリーニング新聞を読んで下さい。

 

どんな商売でも、どの層をターゲットにするが重要な出発点です。アメリカのショッピングモールの入り口で、出入りする人々を見ていると、面白い法則が見えてきます。太っている人はろくなものを着ていなく、乗ってる車もボロで買い物もジャンクフードばかり。痩せている人は、おしゃれで高級車に乗っており、オーガニックなど体調を考えたものを買っています。太っている人は、いつも本能が勝ってしまい、セルフコントロールができません。故に会社の上層部には行けず低所得で、子供も低学歴という悪循環に陥ります。痩せて人はいつも理性で自分をコントロールできるので、いい仕事でいい給料が貰え、子供も良い教育が受けられます。この視点から見た現象は、人種など多元的な原因からなるアメリカの二極化を投影したものでしょう。なんせ、上位10%の世帯が全世帯の50.4%の所得を占める凄まじさ、その裾野を想像すれば理解できます。
さて、アメリカでクリーニングのお得意様は勿論おしゃれで「痩せた人達」です。
日本も二極化した上位層の研究をする時です。従来の万人向きから利幅が高い高級品と特殊品のウエイトを増やす時!ロイヤルトーンジャパンは、高級品や特殊品のスペシャリストを育てた実績の元、これからも志を持つ方々を応援します!門をたたいて下さい!

ニューヨークの地下鉄に乗ると、黒いダウンやコート、黒のパンツ黒のバッグ、全て黒の服装が目立つ。米国では中間所得層が1980年には60%いたが、最近では40%にまで減少している。クリーニング総需要はざっと1兆円だが、人口も日本の3倍、つまり比率で言えば、同率という事になる。しかし、上位1%の富裕層が米国の金融資産の40%を持ち、上位20%の富裕層となると、なんと90%が彼らのもの。下位50%のアメリカ人はたったの2.5%しか持ってない。ニューヨークの集合住宅の地下には、大きなランドリールームがあって、22キロくらいのタンブラーが5~6台置いてあり、ドライの様に文頭の黒いコートなどが水洗いを終えクルクルと回っている。クリーニング総需要は同じでも、利益をもたらすターゲットは、勿論中間層以上という事になる。米国のクリーニング情報誌にも、「家庭洗濯を見据えた繊維品や洗剤の進化やカジュアル化には対抗する手段がない」とはっきり書いてある。日本も消費者が不思議に思うような低料金にしても、採算が合う訳もなく、顧客も独占出来ない。上位客の高級品や特殊品を、触れただけで違いが分かるような仕事を身に着ける事が重要だ。タグや不織布のカバーのみを変えて中身は同じという、詐欺的行為が公然と行われてる日本の業界は、既に世代が代った若い知識層にはお見通しだ。彼らの合言葉は、「どこに出せばいいの?」。

高級品を扱うデパートやセレクトショップを定期的に回ると、最近は上質なレザー・スエード・毛皮やカシミヤ製品が復活している。紳士物でも40万円のスエードのダウンジャンパー、10万円のカシミヤセーターや20万円の毛皮付ジャケットなど、庶民にはウッ!というものばかりだが、高額所得者にとっては、新鮮でもあり、手も届く。ショップにクリーニングに関して聞いてみると、お客から「クリーニングに出したら、カシミヤが硬くなった。」とか「革の風合いが悪くなった。」とか「毛皮が粉っぽくなった。」などの悩みが聞こえてきた。

そんなお店には、いつもロイヤルトーンのドライシステムの話をしてくる。何十万円もする高級品も、アメリカのセレブにとっては日常品、アメリカでメジャーなロイヤルトーンは、そんなセレブ達の上質な衣装を難なく洗う。すでに関西では、セレクトショップなど高額品を扱うお店と提携して、ロイヤルトーンのドライシステム加盟店が活躍している。

クリーニング店も個人店が消滅し、台頭する利益優先技術後回しの低料金店には、高級品は出せない。そここそがチャンス!高級品おを扱える業者が今必要なのだ。低料金ばかり追いかけている人には明日がないと明言できる!

1999年にロイヤルトーンジャパンが設立された直後からレザーウエアー・靴・バッグの水洗いセミナーが東京で開催されていたが、10年程前からある講習をしている業者から依頼を受け、ロイヤルトーンセミナーはその業者に委託されていた。しかし、「作業に精通している人に教えて欲しい」とか「事後のフォローをして欲しい」というような声が上がるようになり、ロイヤルトーンだけでも20年携わっているロイヤルトーンジャパンの代表がセミナー講師に返り咲く事になった。既に第1回目は昨年10月に神戸の機材商㈱丸一で開催され、北海道から長崎まで数多くのクリーニング業者が終結し熱気に満ちた。ロイヤルトーンの代表は、40回以上の渡米歴があり、ロイヤルトーン本社でのインストラクターのライセンスを有する。元々クリーニング業者でもあり、自身の店で20年実際にレザーウエアーのドライシステムを始め、靴バッグを自身の手で洗い、その様々な種類の一コマ一コマを写真に撮ってマニュアルを作った人物だ。今秋から、神戸㈱丸一(9月24日)を始め、三洋商事㈱、㈱中部洗機、廣瀬商事㈱などが、続々と講習日の検討に入っている。

ロイヤルトーンの材料を使ってバッグを洗う場合、全て革・革と布の縫い合わせ・全て布と何でも対応できる。しかし、初心者の方や経験者でも「ん!これはどうしたものな?」と疑問に思う事がある。そういう時は迷わずロイヤルトーンに写メールして電話相談してみよう!素直な気持ちで質問をぶつる事が最良の策。ロイヤルトーンに質問を寄せて来るのは圧倒的に女性が多い。女性は研究熱心で見切り発車しない。相談員のアドバイスを聞くと、色々なものが見えてきたり、ヒントももらえる。そして謙虚な気持ちで作業に取り組んで経験を重ねれば、それが「技術」となり、自信に繋がり、やる気が出て、もっとPRすると、自然に売り上げが上がる。ロイヤルトーンでは、ユーザーの相談は何回でも無料。作業場の隣に相談員が常駐しているようなものだ。ドンドン活用しよう!靴バッグだけで、売り上げの10%くらいはクリアー出来るので頑張ろう!(☎相談、初回はHPから入ってメールを!)

ロイヤルトーンのドライシステムは、ドライ機を1台専用にして、ロイヤルトーンの専用ソープ1種類をチャージすれば、革を洗っても色は出ない。既に導入された工場は「そんなの当たり前!」と口を揃えて言いますが、この前こんなご質問を頂きました。「実はよその革用ソープをチャージして革を洗っているんだが、色が出るんだ。本当にロイヤルトーンのソープは色が出ないの?」。聞けば特にスエードなどひどいらしい。ロイヤルトーンのソープと他のソープの決定的な違いは、天然型の動物性脂分と栄養分がソープ中に溶けて存在するか否か。この特許は元NASAの化学者が開発したもの。先日もロイヤルトーンドライシステムを導入したある大手工場で、何枚も黒の革ジャンを洗った直後に、白のフォックスの襟が縫い付けてある汚れた白のダウンコートを洗ったが、あまりの真っ白さと、毛皮の風合い・ボリュームに皆ビックリ。百聞は一見に如かず。即ロイヤルトーンドライシステムを導入をお勧めします!

先月、ロイヤルトーン記事を業界紙に掲載した所、大手さんから個人の方まで、数多くのクリーニング業者の方々から反響を頂きました。総務省のクリーニング支出の統計を見ると、1995年に約17,000円あったものが、2015年には約6,600円しかありません。右45度の角度で急降下し続けています。この景況を考えると、何かしないといけないと感じているのは、規模の大小に関係なく皆同じだと実感しました。大手さんも、低料金で勝負されては来たものの、今後の点数減対策で何か利益が出る物をやらなければ、今後危機的状況になるでしょう。アメリカの業界は、お安く出来る物もありますが、高級品や特殊品は自社の技術で処理して付加価値料金を頂き、利益を確保しています。ロイヤルトーンのドライシステムは、化学の力で革や、毛皮、カシミヤなどの高級衣料が自動生産します。それも中古のドライ機1台の投資。また、靴バッグも化学の力で楽に水洗いできます。長年お勧めしてきた事が、皆さんにどんどん理解されてます。